トラソルーマ

概要

 よくいえば牧歌的でのどかな国。悪く言えば未開の地で何もない国。

詳細

 地上に最初にできた国。かつて明るく、厳しく辛いことがあっても手を取り合い、のどかにゆっくり発展していく国であった。
 しかしそれも地上に六人の天使が堕ちてきたことにより崩壊する。堕天使たちは人々をたぶらかし、子を成した。その結果魔法が使える人類が生まれ、そして人類を見下し支配するために戦争が起きた。そして魔法が使える人類……魔法使いと堕天使たちは「シヴァトリー」という国を作り、トラソルーマと決別した。
 シヴァトリーができてから数十年後。人類の発展、そして魔法使いに対抗するためにあらゆる手を尽くし研究を重ねてきたカガク者たちが「非人道的な実験を行なっている」と批判され始めた。それと同時期に「シューシュヌ・ノルニクイル」が顕現。肩身の狭いカガク者たちとそれを擁護する者、またトラソルーマに見切りをつけたものをまとめて「ノルニクイル」という国を作りトラソルーマと決別した。
 残されたのは平和を唱えるだけで何もできない愚かな者たちのみ。そこからもどんどんノルニクイルに流入していったり、敵である魔法使いに絆され契りを結ぶものたちが増えていき、今のトラソルーマはかつての明るさなど微塵もない暗い国になってしまった。それでも今の時代の民たちは皆で力を合わせて前を向くために行動している。果たして彼らの行き先は破滅と繁栄、どちらなのだろうか?

関連キャラクター

天使

人類

  • ファイク

スキル

魔族

  • ヤナギ

タイトルとURLをコピーしました