ノルニクイル

概要

 魔法使いを打倒し平和な世界を築くことを目指しているスキルカガク国家。

詳細

 トラソルーマと分かれた最後の国。非人道的な実験を批判されたカガク者の元にシューシュヌ・ノルニクイルという神が現れたことにより独立したのが元である。
 文化が発達している上、貧富の差も激しくなく平和な国である。田舎の方ではまだ差別が続いていることもあるが、今は改善されてきている。
 人類の裏切り者である魔法使いに人権はないのが当然であり、実験に使用して人類の進歩の糧にしてやるのがせめてもの情けという教育が行われている以外は普通の倫理観である。人を殺してはいけない、迷惑をかけてしまったら謝る、人によって不快なことは違う等。ただし魔法使いに人権はない。
 カガクとはいうもののスキルという超常現象を利用しているものも多々ある。例として同性同士でも子を為せたり、完全な性転換を行う技術が挙げられる。
 娯楽文化も進んでおり、特に萌え系の文化が強い。理由は境界を抜けてやってきた日本の文化の数々。そのためコ○ケのような大規模イベントから〇〇オンリー等小規模イベントまで定期的に開催されている。

関連キャラクター

人類

スキル

魔族

タイトルとURLをコピーしました