スキル

概要

 人類のために動く、一度死んだ者の魂が生まれ変わり実体化し特殊技術を得たもの。

詳細

 強い後悔を抱いて死に、そこから突出した特技1特技のジャンルは問わないがあると地上のシステムにランダムに選ばれてスキルとして転生する。なりたくてなれるわけでもないし、なりたくなくてもなってしまうので完全にランダムである。また、条件の一つに地上で死ぬと言うのもあるが、異世界で死んだものが気がついたらこの世界でスキルになっていた……と言うのもある。ちなみに地上で死んだのであれば魔法使いだろうが堕天使だろうがなんであれなれるものでもある。また、実態を持たないスキルもいる。

 大概のスキルが前世の記憶を失い、「人類のために人類の願いにより生まれてきた」と思っている。そのため人類の敵になる場合は容赦がなく、また、人類の敵とシステムにみなされると死んでしまう。

 基本的に天使や魔族からの防衛を目的としたシステムであるが、天使に対しては弱点をついた上で強いスキルが大勢いないと倒せず、魔族であっても苦戦することが多いほど弱い。どちらかと言うと、防衛より復興に回されることが多い。一応魔法によく似ているがまた違う特殊な力と人類が存在する限り不老不死であると言う特性はあるが……

 成り立ちについてはリンのページにも記載があるためそちらも参照すること。

ラアワー等のノルニクイルのスキルについて

 彼らはシューシュヌ・ノルニクイルの力によって地上のシステムに限りなく近いシステムで生まれたものである。人類に反逆してもいいが、ノルニクイルを裏切ることは許されない。その上、シューシュヌのおもちゃにされる場合も多い。死の条件もノルニクイルに対する反逆、もしくはシューシュヌの死である。また、前世の記憶を引き継いでいることも多い。2ヘレンとセンテンスはスキルであるがシューシュヌが直接作ったものではない新しい生命のため記憶がない
 そのかわり力を使いこなせれば地上のシステムで産み出されたスキルよりはるかに強く、弱い天使となら互角に渡り合える力を持っている。

関連キャラクター

天使

地上のシステムによるスキル

ノルニクイルのシステムによるスキル

タイトルとURLをコピーしました