フォルガー

フォルガー・イアト=カーム・ザイン

概要

 超エリートのドM吸血鬼。サクサーの兄

詳細

性別:フォルガーさん
年齢:???歳
身長:168cm
種族:公爵吸血鬼(父親は侯爵吸血鬼だが母親が公爵吸血鬼)
一人称:フォーマルな場では私。サクサーの前ではおれ
口調:紳士さを感じる丁寧語。サクサーの前では崩れた丁寧語。

性格

 貴族の息子、一族の次代当主にふさわしい勤勉さと立ち振る舞いをする。
 しかし、実のところ超がつくほどのドM。わざと悪い集団に捕まってはいたぶられて満足したら全員殺し帰ると言う生活をしている。

好きなもの

  • サクサー
  • 自分を馬鹿にし痛めつけてくれる人
  • 自分に対し対等に接してくれる人
  • 吸血行為

嫌いなもの

  • 良心
  • 両親
  • 地上
  • 自分を敬ったりしてくる人

来歴

0歳:魔界の名家で待望の世継ぎとして誕生。魔力の量が平均を大きく上回っていて、魔法適性も高く将来が期待される。
??歳:魔界の中でも上位に入る学院に入学させられる。この頃から「お前は次代当主なのだからしっかりしろ」と言うような圧をかけられるようになり、ストレスが溜まり始める。
??歳:腹違いの弟、サクサーが誕生。魔力のかけらも感じられず不思議に思いつつ、可愛がっていた。
??歳:誘拐され、拷問を受ける。そのことでトラウマを覚えた……訳ではなく、自分を敬わないどころか人権なんてないとでも言うような行為に興奮を覚えた。しかしあまりに痛かったので全員殺して帰宅した。
??歳:サクサーへの扱いがあまり良くないと言うことを知り、フォルガーはあまり関わらない方がいいと何度も言われた。それでも優しくすれば優しくしてくる、愛しているといえば愛していると返してくるサクサーが可愛くて仕方なかった。
??歳:学院を主席で卒業。それからは父親のお供をさせられては仕事を教えられていた。しょっちゅうパーティーにも連れてかれた。一応公式の場ではしっかりしていたが、フォルガー自身は全く向いてないと思い込んでいたためストレスが溜まる。この頃からサクサー以外の弟、妹たちの従者に後継者として相応しくないと言われるようになってしまった。
??歳:サクサーが一応学院を卒業。しかし魔力のかけらもなく、在学中に魔法を発動できた訳でもなく。それゆえに召使いとして扱われるようになっていた。それでもフォルガーはサクサーを弟として扱い、サクサーも反抗期ではあったが兄として扱っていた。

中略

???歳:サクサーが歪みに飛び込み地上に出てしまう。その際の衝撃でフォルガーは左足の膝から先を失う。フォルガーを傷つけることを嫌がっていたサクサーが唯一残していった傷として、フォルガーがその気になれば元に戻せると言うのに元に戻さなかった。
現在:両親が亡くなったため当主になった。望んでいない伴侶と冷たい夫婦仲を過ごしながら当主としての仕事を全うしつつ、従者にサクサーの行方を探してもらっている。相変わらずマゾではあるものの、当主として責任があるためわざと誘拐されることはなくなった。

補足

 男性として扱われているが、実際のところ性別がどれなのかは両親と本人、伴侶以外知らない。本人も男性として振る舞っているが……

 サクサーに対して恋心、と言うか羨望を抱いていた。しかしそれは隣の芝は青い現象だと分かっていたので、表には出さなかった。それはそれとして重圧をかけてこない、必要以上に敬わない、次代当主としてのフォルガーではなく、サクサーの兄としてのフォルガーに接してくれると言う点でとても愛していた。家族愛なのか、恋愛なのかはわからないが。
 可愛すぎてちょっかいを出しすぎて(サクサーが)怒られることもあった。

フォルガーの使える種族特性

使える種族特性

  • 魔法
    魔王のみ使える魔法以外であればほとんど使える。
  • 邪視
  • 眷属作成

登場作品

  • まだない

関連キャラクター

サクサー

:おれのかわいい弟! 大好き大好き愛してる!! ……今、元気なのかな……それとも、もう……

ソルーセス

:「ソルーセス」は死んだ。そうですよね。

タイトルとURLをコピーしました