リーム

リーム・ウルーベカッド

概要

 純血の人間種の女性。親しい人に対しては明るく元気だが、そうでない人の前では自分を殺しがちで人見知りしがち。

詳細

性別:女性、異性愛者
年齢:32(享年)
身長:155cm
種族:純血の人間種
一人称:私
口調:親しい人の前では強気でタメ口、そうでない人の前ではまともに言葉が出ない。

性格

 典型的なコミュ障。よく褒めて人を貶すことはほとんどなく、ちゃんと謝れるいい子。
 後述の理由で人間不信気味ではあるが、一応彼女なりに頑張って接しようとはしてくれる。

好きなもの

  • 性転換BL
  • 二次元コンテンツ
  • サクサー
  • ラアワー
  • レジグ
  • 優しい人

嫌いなもの

  • 現実
  • 怖い人

来歴

0歳:ノルニクイルの田舎で誕生。
3歳〜15歳:純血の人間種であることを差別され続けた。親からも「もっとがんばりなさい!」「なんでこんなこともできないの!」と苦労を理解されなかった。反発心から筋トレと勉学に打ち込んでいた。理由は「ユニコーンさんが応援してくれるから」だそう。
16歳〜24歳:都会に一人暮らしを始める。差別はなくなったものの、それによるトラウマでまともにコミュニケーションが取れず交友関係の狭い学生時代を送る。筋トレは趣味なので続けていた。
25歳:国営研究所に就職するもコミュニケーション能力のなさ、配属ミスによる専門外の部署での仕事でミスを重ね「こいつ無能だ」と周囲に判断されてしまう。その結果生き辛さが増した。筋トレは当然続けていたが、漫画にもハマった。昔からなんとなく絵はかけてたので下手なりにちょっとした漫画を描き始める。
26歳:「お払い箱」と呼ばれているらしいサクサー達の研究室への配属が決まる。色々あってサクサー達とは仲良くなり、打ち解ける。レジグから同人誌を出すことを勧められる。
27歳:同人誌即売会にサークル参加をする。あまり売れなかったが一応そのジャンルでは知り合いが増えた。なお、SNSでフォローしているアカウントはレジグのアカウントとラアワーのアカウントのみである。
31歳:サクサーの死をきっかけに塞ぎ込む。そこに現れた幼い頃のイマジナリーフレンドのユニコーンが現れ、シューシュヌに体を明け渡す契約を結んでしまう。
32歳:ユニコーンに安楽死用の毒を騙されて飲んでしまい死亡。その後の体は契約通りシューシュヌが操っている。

補足

 性転換BLってなんなんでしょうね……薔薇で作った百合の造花か……? もしくは百合で作った薔薇の造花……? 性転換が絡んでいる作品全般……?
 親とはサクサー達の研究室に入ってから疎遠である。そして故郷に帰ることもほぼない。同窓会にも出席したことなし。友達以上と呼べる関係はサクサー、ラアワー、レジグのみである。
 専門は防災系統。特に自然災害系。ただし普段は三人の手伝いが主であるため実績はない。
 胸は着痩せするタイプで、メガネは伊達である。脱ぐと割とでかい。また、三人によくスイーツを奢られるため体重が気になっている。
 他の三人のスリーサイズを把握している。
 性格がちょろいためすぐ変な人に引っかかる。しかも付き合ってすぐ別れるが、フラれる理由が「他の男の名前をデートの時めちゃくちゃ出すから」。余計なことを言うのはレジグとどっこいどっこいである。
 あの研究室で唯一の人間種、しかも女と言うことで過保護なほど人間関係に干渉されたりなんなりしているが本人は自覚がない。三人に対してはおじいちゃんやお兄ちゃんみたいな感覚らしい。短命種は時間がないからなるべく充実して欲しいとのことだけども。

性転換BL最高先生

 リームのシャウッター1Twitt○rのようなサービスのアカウント名「性転換BL最高」に作家への敬称「先生」をつけたもの。「少年L」というレジグのアカウントが爆死している度に単発で引きましたスクショをリプライしてブチギレられてる様を「夢は燃えるゴミ」というラアワーのアカウントに煽られてたり、しょっちゅう新刊を落としかけては少年Lに助けられてたりする。性転換BL最高先生がフォローしているのは少年Lと夢は燃えるゴミの二人だけであること、仲が良すぎることに関してしょっちゅう「付き合ってるんですか?」と質問箱のようなサービスに届いては「友人です」と返すのがテンプレになっている。

登場作品

  • まだない

関連キャラクター

サクサー

:最初に仲良くなった人(吸血鬼)。この人がいなかったら私はずっと踏み出せなかったし今頃ここにいなかった。ただ服をめちゃくちゃ送りつけてくるのはやめてほしい。

ラアワー

:仲良くなるのが大変だったけど、でも大切な人には変わりないし、ラアワーが突っ込んでくれるからボケるのが楽しい。純粋に傷付くことも言われるので難しいけど。

レジグ

:でかい。最初に手を引いてくれた人。なんだかんだで一番仲がいいと私は思っているけどどうなんだろう。チビって言われるのは腹立つけど。

シューシュヌ・ノルニクイル

:私たちの国の神様! ラアワーは嫌いらしいけど、優しい神様だと思ってるよ。変な騒ぎ起こさなきゃ。

来歴以外の情報は全てサクサーが亡くなる前を基準としています。サクサーが亡くなった後についてはまた別記事が……あるといいですね……

タイトルとURLをコピーしました